花言葉は「正義」
悲しんでいるあなたを愛する


りんどう生産日本一!
 りんどうは、リンドウ科の多年草で、山野に自生する花です。それが岩手県内で本格的に栽培されるようになったのは、1955年代後半からで、岩手の風土にあったオリジナル品種を育成し、1965年代後半から安代町を中心に、組織的に栽培が開始されました。
1985年には、生産額、栽培面積ともに、岩手県八幡平市安代地区(旧安代町)が日本一になりました。





漢方の健胃剤?
【名称】リンドウ
【学名】Gentiana triflora
【科名】リンドウ科リンドウ属
【種類】多年草(耐寒性)
【特徴】日本の山地などに自生する有名な植物です。
【花期】9〜11月
 根は竜胆(りゅたん)と称し、赤褐色で苦味が強く健胃薬に利用されて来ました。
 竜胆は熊の胆(くまのい)より苦いことで熊より上位の動物である「竜」の名をつけ、竜は中国の想像上の動物で最高位なのであえて「竜胆」と名付けられました。
植物名はその竜胆がなまってリンドウになったと言われております。

丈夫で長持ちします
 日当りのよい草原に見られる多年生草本植物で、初霜が降りる晩秋まで咲いている野花の一つでした。
花は日が当たっている時に開き、曇りや夜間は閉じてしまうので切り花は日当りのよい所に飾って楽しむとよいでしょう。














-- ACCESS --


北緯40度、大自然リゾートで今話題の「安比高原」がふるさと。
品質・生産量が日本一に輝く花「安代りんどう」のホームページへようこそ。
デジタルブックの閲覧には Adobe Flash Player が必要です。
スマートフォン、タブレット端末をお使いの方は下のボタンからご覧ください。

●●● 開  花  期 ●●●
「安代りんどう」で栄冠 育種学会賞を受賞
質高め海外展開実る
日本育種学会の2011年度学会賞に、八幡平市花き研究開発センターと生産者で組織する一般社団法人安代リンドウ開発の合同育種チームが選ばれました。
2012/3/29 岩手日報掲載

●赤いリンドウはニュージーランド(NZ)で開発されているが、技術交流で開花時期や気象の異なる八幡平市での露地栽培を可能にした。
(2008/10/18 岩手日報掲載)
   



.
一般社団法人 安代リンドウ開発

岩手県八幡平市叺田(カマスダ)70番地
0195-72-2111 (八幡平市花き研究開発センター内)

<英語版・オランダ語版後援>

盛岡地方農業農村振興協議会

 
Copyright (c) 1997-2006 ASHIRO RINDO all rights reserved.